トップ > 技術コラムNews > SAP技術情報 > SAP S/4 HANAのATP機能について

更新日 

SAP S/4 HANAのATP機能について

ATPとは?

ATPは、サプライチェーンまたはオペレーションによって提供される機能で、企業が過去のリードタイムおよび平均タイムを用いて確認するのとは対照的に、実際のサプライチェーンおよび製造リソースに基づいて予約日を確認します。

ATPは、実際在庫や予定オーダー・領収書などに対して、ERP(Enterprise Resource Planning)受注管理モジュール上の受注や予約などのようなデータを分析し、比較する事でこのような確認機能を提供しています。

その後、サプライチェーンのリソースをロックして、日付、数量、場所などを確認し、他の予約・受注状況がが配送遅延、予約破棄などにつながらないように確認します。

ERP ATPの課題点をS/4 HANA ATPが解決

何年もの間、ERPシステムでも、ATP機能で処理してきました。
ERPでのアプローチは使いやすく、実装も簡単でしたが、デジタル的に強化された顧客基盤を維持するために必要な幅広い機能性を提供していませんでした。
この先進的で有望な機能を必要とする企業は、SAP APO(Advanced Planning and Optimization)コンポーネントやその他のサードパーティソリューションなどのセカンダリソリューションに依存していました。 言うまでもなく、この戦略は、ITインフラストラクチャとビジネスユーザーに高度の複雑さをもたらしました。 2つのシステムを維持することで、1つだけではなく、データ品質と待ち時間に関する、全く新しい一連の問題が発生しました。
しかし、幸いなことに、これらの問題は、SAP S/4 HANAの高度なATPでは解決されています。

LINEで送る
Pocket

SAP案件紹介や独立相談 
その他の特典を獲得

60秒で無料登録

案件情報やSAP技術情報を
気軽に受け取る

メルマガ登録

LINE友達登録