フリーランスSAPコンサルタント向け
案件紹介サイト

SAPフリーランスジョブズ

電話番号03-6823-2409

平日・土曜日 9:00〜20:00

SAP技術情報コラム・News一覧

  • SAP技術情報
  • SAP News
  • 代表者コラム
  • お知らせ
  • [SAP News]
    Google のクラウド プラットフォーム上で SAP S/4HANA を稼働させた最初の会社Sovanta社

    SAPとGoogle社は、完璧なタイミングでアライアンスをしたと今年の最初に報じられました。最近開催されたSAPPHIRENOW ASUG Annual会議でSovanta社の設立者であり、執行委員メンバーであるマイケル ・ カーン氏と直接話した内容を以下にまとめます。

    (※Sovanta社はGoogle Cloud Platform上でSAP S/4HANAを稼働させた初めての顧客です。)

    カーン氏は私達がSAP S/4HANAに決めた理由は、

    「ビジネスアプリケーションの開発を積極的、継続的に成長を支援してくれ、また安定した基盤が必要だったことです。」

    「私達の会社は、中小規模であり、その規模感を考えるとインフラの管理を自社で行うにはリスクがかかります。その点、Google Cloud Platformは、拡張性、柔軟性があり、なお且つ、迅速で充分な容量を提供してくれます。例えば、アップグレードの際、私たちはサンドボックスシステムなどが必要できますし、 Google Cloud Platformでは必要なときにスイッチのオンオフ切替えができます。」

    と述べました。ビジネスを追行する上で、パートナー同士の連携は非常に重要です。

    Sovanta社は、ドイツのハイデルベルクに本社を置く中堅の会社であり、次世代のビジネスアプリケーションを取扱う人々を支援する為に、日々迅速な技術革新と凌ぎを削っています。

    現在、私たちは場所に限定されることなく、検索をかければ至る所ですぐに答えを得ることができます。

    Sovanta社としても、

    「携帯スマートフォンの機能のように、IoT、機械学習などの技術革新的な機能を、販売、サービス、技術、物流、管理など、各部門の人々にももたらすことを期待しています。」

    「ビジネスアプリケーションソフトを取扱う人々が場所にとらわれずに使用し、作業をすること自体が非常に革命的です。私達はエンドユーザーを中心に置き、各ビジネスタスクのサポートに合わせた技術を設計し、提供ます。」とカーン氏は語ります。

    Sovanta社は、SAPとGoogleの強力なコラボレーションのおかげで、Googleクラウドプラットフォーム上でSAP S/4HANA をわずか4週間で稼働させました。

    現在、SAP S/4HANA 会計は稼働中であり、Sovanta社では他機能のビジネスプロセスについては、今後時間をかけて追加していく予定です。

     

    顧客中心の世界に

    Sovanta社の顧客は、主に中部ヨーロッパに多く、自動車、製造、小売り及び公共事業などの業種間にまたがっています。各顧客はビジネスの可能性を広げる為、Sovanta社のアプリケーションを利用しています。

    SAP S/4HANAとGoogle Cloud Platformの強力なパートナー連携は、決して顧客を失望させないだろうとカーン氏はみています。

    カーン氏は「鍵となるのは、以前の様に時間をかけてシステムを管理する必要がなくなり、顧客の要望に比重を置き、ものづくりに専念できるということです。 」

    「これは特に中小企業の場合重要です。コア・ファイナンスのプロセスとそれらが実行されるインフラには、円滑で、なお且つ、効率的なオペレーションが必要です。 

    Google上で稼働するSAP S/4HANAを使用することで、日々の業務を最小限に抑えながら革新を実現できます。」と言いました。

     

    大胆な決断はきっとうまくいく

    カーン氏は中小企業に対し、現在までのビジネス状況の壁を超えて今後の技術革新の決定を下すようにアドバイスしています。

    「3年及び5年後のビジョンを明確に把握することが重要です。」

    「自社のニーズだけでなく、将来展望のニーズにも合った意思決定を下すこと。少し負担となる決断をする場合があるかもしれないが、自社の計画やロードマップを信じるならば、思い切って大胆な決断を下すべきです。」

    今回開催されたSAPPHIRE NOWの大規模なマルチメディアショーフロアにて、賑っているデモンストレーションの周りや、熱烈なディスカッションをしている人々、また、バーチャルリアリティーヘッドセットを着用したりしている人々を見て、カーン氏は最後に述べました。

    「SAPがエコシステムSAP Leonardのような新しい分野を征服する中で、パートナーシップの重要性は年々高まっている。近い将来きっとこのエネルギーが高揚するのを感じることができるでしょう。」